将棋

【おすすめの将棋小説】棋士ノンフィクションやミステリー等【5選】

藤井聡太3冠の活躍などで将棋界が盛り上がっていますが、将棋関連の小説を読むと舞台裏などが分かり一層楽しめると思います。

というわけで、私が読んだ本を中心に主に

・ノンフィクションでおすすめの将棋小説は?

・将棋ミステリーでおすすめは?

といった疑問にお答えしていきたいと思います。

【おすすめの将棋小説】棋士ノンフィクションやミステリー等【5選】

将棋関連の小説はいろいろとあり、人によっておすすめも異なると思いますが、私のおすすめをご紹介していきたいと思います。タイトルは以下の通りです。

泣き虫しょったんの奇跡

聖の青春

・将棋の子

・神の悪手

・死神の棋譜

順番にご紹介していきたいと思います。

泣き虫しょったんの奇跡

2005年に実施されたプロ編入試験に合格し話題になった瀬川晶司先生の自伝を小説化したものです。

瀬川先生は、中学生で一度奨励会(プロ棋士養成機関)に入会するも、年齢制限(26歳)で退会。その後、大学、サラリーマンと進みつつ、将棋も続けアマ強豪として、プロ公式戦で7割以上の勝率を残していました。

その活躍から異例のプロ編入試験が実施され合格するまでの軌跡(奇跡)が描かれた物語です。

瀬川先生の小学生のころからのエピソードや、奨励会時代の心の葛藤、アマチュア時代、プロ編入試験での気持ちなど、実体験が生々しく描かれています。特にこころを揺さぶられるのが小学校の先生、将棋センターの人の2人の恩師の支えです。引き込まれて一気に読み進めることができると思います。まだお読みになっていない方には一番のおすすめです。

ちなみに「しょったん」とは瀬川先生のニックネームです。

私がこの本に出合ったのは、2007年頃だったと思いますが、子供の時に大好きだった将棋をまた始めるきっかけになった思い出の1冊です。

児童書版もあります。お子様と一緒に読むのも良いですね。

なお、「泣き虫しょったんの奇跡」映画化もされています。興味のある方はDVDやBlu-rayも出ていますので参考にどうぞ。

created by Rinker
¥5,104
(2021/10/26 05:53:00時点 Amazon調べ-詳細)

聖の青春

続いては、「聖(さとし)の青春」のご紹介です。

この本は、故村山聖棋士の生涯をつづったノンフィクションの小説です。大崎善生先生著。

村山先生は、重い腎臓病を抱えつつ、名人戦「A級」で戦い、当時羽生先生と互角に渡り合えた数少ない棋士でしたが、名人には手が届かず病に倒れ帰らぬ人になります。

病に侵された村山先生の必死の生き様、名人への熱い思い、森先生のとの子弟関係や羽生世代棋士との交流など、何とも言えない壮絶な人生を小説を通して感じ、涙が止まらない1冊でした。

個人的にはオカルト的かもしれませんが、村山先生の無念が健康体となった藤井聡太先生として生まれ変わったのではないかと信じているぐらいです。詳しくは、

 

 

ABOUT ME
はぴねこ
ただの猫好きおじさんです。様々なきっかけで仕事に縛られず残りの人生を楽しんで生きようと決めました。楽しかったことや役に立つことを発信していきたいです。