旅行・キャンプ

【空いるから予約が取りやすい】神奈川県の穴場のキャンプ場「滝沢園」

都内から東名高速を使って1時間ちょっとで行ける穴場のキャンプ場の滝沢園を紹介します。

ハイシーズンなどで、他のキャンプ場が予約で一杯のときも、空いていることが多いので

我が家ではよく利用させてもらっています(感謝m(__)m)

この滝沢園ですが、芸人のヒロシさんがソロキャンプしたことでも有名になっていますよね。実際、ヒロシさんではありませんが、ソロキャンプしている人も数名見かけたことがありますよ。

滝沢園の宿泊施設・料金など

滝沢園の施設や料金などをについて説明していきます。

宿泊施設

宿泊する場合、テント持ち込みなしの場合と、持ち込みありの場合の二通りがあります。

テント持ち込みなしの場合:民宿、バンガロー、ログハウス

テント持ち込みの場合  :フリーサイト、オートキャンプ

があります。

以下の表で主な料金をまとめました。

時期や条件などで異なるかもしれませんので、詳細は問い合わせしてみてください。

形態料金
民宿(2食付、浴室あり)7,500円~
バンガロー*1
ロッジ*1(トイレ、寝具付き*2)
8,500円~
20,000円~
ログハウス*1(マットレス、毛布×4付)12,500円
オートキャンプ(1区画(4名まで) )5,000円(1名追加+1,000円)
フリーサイト700円(1名あたり)

(*1)バンガロー、ログハウスには電源(コンセント)はありません。スマホなど、充電が必要な方は、携帯用バッテリーを持ち込む等、個別に対応が必要です。
(*2)寝具にシーツがありません。別途1枚200円で貸出されています。

上記のほか、施設利用料300円(1名ごと)、駐車料金1,000円が必要です。

チェックインは13時、チェックアウトは翌日10時です。

滝沢園のロッジ・バンガローの外観など

ロッジの外観です。

IMG_20190428_141504-992x744

ログハウスはこんな感じです。

IMG_20190429_052017-992x744

滝沢園のオートキャンプ・フリーサイトの様子

オートサイトは、駐車場の奥にあります。

IMG_20190429_052954-992x744

フリーサイトの方は、河原などにテントを張っています。

IMG_20190429_052156-992x744

真ん中の板のようなものを橋替わりに川を渡たります。

IMG_20190429_052114-992x744

日帰りの場合(フリーサイトは直火OK)

日帰りの方は、食材等を持ち込んで、バーベキューなどができます。

駐車場から、以下写真の赤い階段を降りると水無川にでられますので、

河原でバーベキューができます。

皆さん適当に石を積み上げて窯を作っていて、直火OKです。薪を持ち込んで、焚火を楽しんでいる方もいます。

直火OKなキャンプ場は少なくなってきていますが、直火は自然との一体感を感じることができて嬉しいもの。ごみを燃やさない、立木の近くで火をたかないなどのマナーを守って、直火を続けていけるようにしたいですね。

IMG_20190429_052204-992x744

持ち込みの場合は、料金は、日帰り施設費500円(大人1名、子供300円)、駐車場1,000円です。

食材、日帰り施設費込みのバーベキューセット(1名2,500円、2名~)もありますよ。

フリーサイト利用の場合は、予約は不要です。

滝沢園の設備など

テント持ち込み以外の方は、以下のような窯が各宿泊施設の側にありますので、こちらで火をおこすことができます。フリーサイト利用の方は、河原で火をおこしましょう。

IMG_20190429_052030-992x744 IMG_20190428_141518-992x744

自動販売機もあります。

ビール、酎ハイ、ジュースなど。

IMG_20190429_052331-992x744

水道はこんな感じで、いくつかあります。

IMG_20190428_141552-992x744

園内の売店。各種道具のレンタルや販売、お菓子なども販売しています。

何か困ったらここのスタッフの方に声を掛けましょう。

IMG_20190428_141612-992x744

トイレはこんな感じ。

洋式のトイレ(ウォシュレットはないです)もあります。

IMG_20190428_141542-992x744

滝沢園での川遊び

キャンプ場内には、清流の水無川が流れています。

浅い川ですので、お子様も安心して川遊びを楽しめると思います。

透明度の高いきれいな水です。

IMG_20190429_052136-992x744

滝沢園のニジマスつかみ取り

ニジマスのつかみ取りもできます。

売店で「ニジマスのつかみ取りをやりたい」と伝えると、希望の数のニジマスを持ってきてくれます。(1匹350円)

つかみ取りの前に、川の中に写真のような感じで、石で囲いを作っておきます。

その中にニジマスを入れてつかみどりをします。

囲いを大きく作りすぎたり、深いところを囲ってしまうとなかなか捕まえられません。

また、石が低すぎたり、隙間があると逃げられてしまうので要注意です。

IMG_20190429_052241-992x744-1

捕まえたニジマスは塩焼きで食べるとうまいですよ!

金串はレンタルすると1本50円ですので、ご自分で用意しておくと良いです。

IMG_20190428_152817-992x744

滝沢園へのアクセス

神奈川県秦野市の丹沢大山国定公園内(なのかな?)の水無川沿いにあります。

住所は「神奈川県秦野市戸川1445」ですが、カーナビは『滝沢園キャンプ場』で検索できると思います。

東名高速で東名高速中井秦野インターを降りたら、約20分です(10キロほど)

また、こちらのキャンプ場は車がなくても電車、バスで行くことも可能なところが魅力です。

小田急線渋沢駅で神奈中バス『大倉行き』に乗車。終点の大倉で下車して徒歩約10分です。

手ぶらでキャンプ、日帰りBBQも楽しめますよ!

(普段は運転手の方も電車ならビール飲んでも大丈夫ですね!)

滝沢園に隣接する秦野戸川公園

滝川園に隣接(滝川園が公園の中?)して、秦野戸川公園があります。

こちらの公園では、子供広場やバーベキュー場もあり、日帰りでも楽しめる公園です。

コンビネーション遊具やフワフワジャンプなどの遊具もあり、子供も飽きません。

宿泊の場合、13時チェックインですので、秦野戸川公園で遊んでから、ゆっくりチェックインすればお子さんも満足かもしれませんね。

☆コンビネーション遊具(写真は秦野戸川公園HPより)

hiroba-img01

☆フワフワジャンプ(写真は秦野戸川公園HPより)

hiroba-img02

まとめ

滝沢園は都心から近い穴場のキャンプ場です。

他がダメな時でも、空いてるかもしれませんので、ダメ元で予約の電話をしてみましょう。

川遊びもできますし、ファミリーでも楽しめるキャンプ場で、隣接する秦野戸川公園でもいっぱい遊べますので、おススメです。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。