酒田旅行記

酒田旅行記 庄内平野を一望 鳥海ブルーラインへのドライブ

酒田旅行記、今回は鳥海山ブルーラインへのドライブをご紹介します。

鳥海ブルーライン

鳥海ブルーラインは、日本海側の海抜ゼロ地帯から一気に標高1,100メートルにかけのぼり、秋田県のにかほ市、山形県の遊佐町とを結ぶ山岳道路です。
くねくねと左右に曲がりながら広大な鳥海山麗の草原の間を登ります。
高度が上がると、眼下には日本海の青い海と遠くに飛島、佐渡を観ることができます。北に目を向けるとはるかに先に男鹿半島、そして左右には米どころ庄内平野を望む雄大な景色を楽しめるドライブコースです。

開通期間

開通期間は、4月下旬〜10月下旬です。それ以外の期間は、冬季閉鎖となります。
荒天時等には通行止めの規制がある場合がありますので、山形県の道路規制情報で確認してください。

料金

無料で開放されています

総延長

34.9km

鳥海ブルーラインへのドライブ

鳥海ブルーラインは、海抜ゼロから一気に1,100メートルにかけのぼる道路ということで、斜度10%の急な勾配が続きます。

今回は、山形側(遊佐町側)から上りました。

最初は樹木が鬱蒼と生い茂った山道ですが、標高が上がるにつれ大きな木は減ってきて、視界が開けてきます。

標高1000mあたりで大平山荘前の展望台に到着します。

大平展望台からの眺めです。海に浮かんでいるのが飛島です。

s_P_20160808_124759

酒田方面の眺めです。庄内平野に水田が広がり美しい景色です。

s_P_20160808_124803

そのままもう少し車で上ると、秋田側からのビジターセンターがあります。

標識を見ると海抜1100mとありましたので、ここが鳥海ブルーラインの最高点でしょうか。

そこからの眺めです。

s_P_20160808_130012_1

秋田側からのビジターセンターですかね。

s_P_20160808_130110

そして、山頂を見上げてみます。雲がかかっていて鳥海山は残念ながら見えません。

雲が晴れていたらきっと雄大な鳥海山の姿を拝むことができたのだろうなあと、残念でした。

s_P_20160808_130119

鳥海山を見上げることはできませんでしたが、全般的に天気も良く、素晴らしい景観を眺めることができました。

また近くに来たら是非行ってみたいです。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、鳥海ブルーラインを紹介しました。標高1100mから見下ろす日本海、庄内平野は絶景です。是非、皆さんも近くに訪れたら足を運んでみてほしいです。

自転車のヒルクライムの大会なども行われているようですね。

この記事が皆さんの何かの役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。