酒田旅行記

酒田旅行記 松山エリア キノコスギの總光寺と庄内を一望できる眺海の森

酒田旅行記、今回は酒田市の松山エリアの『總光寺』と『眺海の森』をご紹介します。

別途ご紹介しています、松山歴史公園からほど近いところにありますので、一緒に回ることができますよ。

キノコスギの總光寺

酒田市の松山エリアにある『總光寺』へ行ってきました。

松山歴史公園から車ですぐのところ(酒田駅からは車で30分ほど)にあります。

正式名称は「曹洞宗洞瀧山總光寺」。南北朝時代の至徳元年(1384年)に開かれ、山門は文化8年(1811年)に落成したものだそうです。今から600年以上前に開かれた曹洞宗の名刹ですね。

開館時間9:00〜16:00
電話0234-62-2170
拝観料大人400円・小中学生200円

参道の入り口です。

左右に見える、キノコのような形をした杉は、キノコスギと呼ばれ、参道両面に約120本並んでいます。このキノコスギは今から約400年前の江戸時代の初め元和年間(1615年から1623年)に植樹されたといわれています。

県の天然記念物にも指定されています。

s_P_20160811_132905

近くで見ると本当にきのこ形をしています。

s_P_20160811_133005

キノコスギが美しく立ち並ぶ参道を登ると、山門に迎えられます。

山門は約200年前にできたものだそうです。豪壮な雰囲気です。

s_P_20160811_133312

s_P_20160811_133407

時間がなかったので庭園は覗けませんでしたが、本堂の裏に蓬莱園と呼ばれる庭園があります。小堀遠州流の様式を取り入れた国指定の名勝だそうです。

今度行くときは覗いてみたいと思います。

庄内平野と最上川、日本海が一望 眺海の森

続いて、庄内平野と最上川、日本海が一望できるビュースポット!!

『眺海の森』です。

松山の町を抜け、山をしばらく登るとすぐに眺海の森に到着します。

駐車場に車を停めて、吊り橋をわたります。

s_P_20160811_135609

吊り橋を渡ると見事な眺望が広がる展望台に着きます。

庄内平野と鳥海山を一度に見ることができるまさに眺海ビューです。

庄内平野側の眺めです。

最上川の流れと広がる田園風景、そして背景に広がる日本海。

絶景です。

s_P_20160811_135730

鳥海山側の眺めです。

雲がかかって綺麗に見えませんが雲が晴れていれば素晴らしいながめでしょうね。

s_P_20160811_140006

近くにある『眺海の森さんさん』さんです。

宿泊、日帰り風呂、食事のできる施設になっています。

お風呂からも庄内平野を一望できるとのことで、特に夕暮れ時は最高だそうです。

s_P_20160811_140839

あと、近くにサマーゲレンデ?っていうのかな。

スキーをやっている方がいらっしゃいました。

私はスキーをやらないのですが気持ちよさそうでした。

s_P_20160811_135120

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、酒田旅行記のうち、酒田市の松山エリアの『總光寺』と『眺海の森』をご紹介しました。

この記事が皆様の何かの役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。