肥料 PR

石灰乾燥剤や卵の殻は肥料に再利用【家庭菜園節約術】

家庭菜園で土づくりに使う苦土石灰ですが、家庭で出るゴミを使うことで、代用することができます。

この記事では、

・海苔やお菓子に入っている石灰乾燥剤や卵の殻は苦土石灰(肥料)として使うことができる?

という話をしていきたいと思います。

苦土石灰や石灰乾燥剤や卵の殻の成分は?

まず、家庭菜園における土壌改良に使う「苦土石灰」ですが、主な使用目的は以下の通りです。

  1. 酸性土壌の中和: 酸性の土壌は、作物の成長に不適切な状態です。苦土石灰は、酸性土壌のpHを中和するために使用されます。土壌のpHを適切な範囲に調整することで、栄養素の吸収が改善され、作物の成長が促進されます。
  2. カルシウムとマグネシウムの供給: 苦土石灰にはカルシウムとマグネシウムが豊富に含まれています。これらの栄養素は植物の成長に必要不可欠であり、苦土石灰を使用することで土壌にこれらの栄養素を供給することができます。
  3. 土壌の保水性と通気性の改善: 苦土石灰は粘土質の土壌を改良し、保水性と通気性を向上させる効果があります。これにより、根の成長を促進し、土壌中の水や酸素の供給が改善されます。
  4. 重金属の固定: 土壌中に存在する有害な重金属の移動や吸収を防ぐ効果があります。これにより、農作物の品質を向上させることができます。

上記の通り。

様々な目的はありますが、基本的な使い方としては、土壌のpHの調整ですよね。

created by Rinker
大宮グリーンサービス
¥528
(2024/04/17 09:16:28時点 Amazon調べ-詳細)

苦土石灰の成分

で、その苦土石灰の一般的な主な成分は以下の通りとなっています。

炭酸カルシウム:苦土石灰の主要な成分であり、石灰石から得られます。酸性土壌の調整。

炭酸マグネシウム:マグネシウムの炭酸塩。根の張りを助けたりします。

上記の通り。

苦土石灰は炭酸カルシウム+炭酸マグネシウムで構成されているのが一般的で、炭酸カルシウムのみのものを「消石灰」と言います。

石灰乾燥剤の成分

次に石灰乾燥剤の成分を見てみると、「生石灰(酸化カルシウム)」となっています。上述の通り、炭酸カルシウム=消石灰です。

石灰乾燥剤 肥料①

酸化カルシウムは、水と反応して消石灰となりますので、石灰乾燥剤を畑にばらまくと、水と反応して、「消石灰=炭酸カルシウム」を撒いていることと同じ効果があることがわかります。

卵の殻の成分

続いて卵の殻の成分も見ていきます。

卵の殻(卵殻)はそのほとんどが炭酸カルシウムで作られています([卵の豆知識]卵の構造ってどうなってるの?|たまごの郷 (tamagonosato.com)

つまり、「消石灰と同じ」ということになります。

石灰乾燥剤や卵の殻は肥料に再利用【家庭菜園節約術】

上記の通り、石灰乾燥剤および卵の殻の成分は実質的に「消石灰」と同じということがわかりましたので、畑にまくと消石灰や苦土石灰と同様に土壌pHの調整の期待ができるということがわかっていただけたと思います。

何も知らなければただのゴミになってしまう乾燥剤や卵の殻ですが、ちょっとした知識で再利用、節約になるというのはうれしいですよね。

私の場合、こんな感じで袋に貯めて春・秋のシーズンに畑にばらまいて使っています。

石灰乾燥剤 肥料①卵の殻は、乾燥させてから細かく砕いてやればOKですが、手でやると粗くなるので、ミルサーで粉末状にしても便利です。

実際に畑にまく


実際にまいてみるとこんな感じになります。

乾燥剤は粉末状のものや、粒状のものなど様々ですが、畑にまいてしまえばおんなじですね。

まとめ

いかがでしょうか。

この記事では、

・海苔やお菓子に入っている石灰乾燥剤や卵の殻は苦土石灰(肥料)として使うことができる?

という話をしてきました。成分を見てみると「苦土石灰」というよりは「消石灰」と同じと考えた方がよさそうですが、畑の土壌改良剤として再利用できることはお分かりいただけたと思います。

なんでも再利用でエコな生活を送りましょう。

記事は以上です。ありがとうございました。

ABOUT ME
はぴねこ
ただの猫好きおじさんです。様々なきっかけで仕事に縛られず残りの人生を楽しんで生きようと決めました。楽しかったことや役に立つことを発信していきたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA