乗馬・馬術

オリンピック馬術競技 日本人選手の活躍状況は?過去には金メダルも!

オリンピックの馬術競技。

日本人にとってあまり馴染みのない競技ですよね。

近年、メダルを獲得した実績がないため、日本人が活躍したイメージはないと思いますが、
実は、過去金メダルを獲得している競技の一つでもあるんです。

2020年の東京オリンピックを前に、過去の大会での日本人の活躍状況を調べてまとめてみました。

オリンピック馬術競技への日本人選手出場状況

オリンピックの馬術競技への日本人出場は、

第9回オリンピック競技大会(1928/アムステルダム)を最初に、
第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)までの合計19大会です。

出場競技は、障害飛越、馬場馬術、総合馬術の3競技すべてに選手を送り込んでいます。

全体でのべ120名、障害飛越がのべ61名、馬場馬術がのべ21名、総合馬術がのべ38名となっています。
(棄権、出場せずを含む。モスクワ大会の代表選手含まず)

馬術競技での日本人の成績は?

それでは馬術競技のでの日本人の成績はどうなっているでしょうか。

過去の最高成績は?

オリンピックでの馬術競技で日本人の最高成績は、

第10回オリンピック競技大会(1932/ロサンゼルス)の

障害飛越の西 竹一選手の個人/金メダルです。

この金メダルは、

体操、柔道、レスリング、競泳、陸上、ウエイトリフティング、ボクシング、バレーボール、射撃、ソフトボール、バドミントン

といった競技と並んで、日本人選手が金メダルを獲得した実績のある競技の一つとなっています。

以来、馬術競技では、欧州列強の壁に阻まれ、金メダルはおろかメダル内に入ることもできていません。

競技ごとの最高成績は?

競技ごとの最高成績を見てみると、以下のとおりです。

障害飛越:個人/金メダル(西竹一、1932ロス)、団体/6位入賞(1936ベルリン)
馬場馬術:個人/16位(井上 喜久子、1964東京)、団体/6位入賞(1964東京)
総合馬術:個人/7位(山本 盛重、1932ロス)、団体/6入賞(1996アトランタ)

近年は、1996年のアトランタ大会の団体6位入賞を最後に入賞は途絶えています。

日本人の最多出場選手は?

日本人の馬術競技への最多出場選手は、杉谷泰造選手です。

杉谷泰造選手は、20歳で出場した1996年のアトランタ大会から2016年のリオデジャネイロ大会まで6回連続出場しています。
連続出場6回は夏季オリンピックの最多記録です。(冬季を含めた最多はスキージャンプのレジェンド葛西さん)

種目ごとに見ると、

障害飛越:杉谷泰造選手(6回)
馬場馬術:井上 喜久子選手(3回)、法華津 寛選手(3回)※法華津選手は障害飛越でも1回出場
総合馬術:岩谷 一裕選手(3回)、大岩 義明(3回)

となっています。

親子出場の選手もいる?

馬術競技では、親子でオリンピック出場を果たしている選手がいます。

杉谷泰造選手

最多連続出場6回を誇る杉谷泰造選手の父親が杉谷 昌保選手です。
杉谷 昌保選手も障害飛越競技に4度出場(うち一回はモスクワ五輪の不出場)しています。

親子で10回のオリンピックとはすごすぎです。
世界でももしかした、最多かもしれません。

更にすごいのは、杉谷泰造選手の母方の祖父が川口 宏一さんで、同じく障害飛越競技で、1956年のメルボルン大会に出場しています。

杉谷泰造選手はまさにサラブレッド中のサラブレッドなんですね。

各オリンピック大会での馬術競技日本人成績一覧

JOCホームページから各オリンピック大会での馬術競技日本人成績一覧をまとめました。

参考にどうぞ。

大会名

障害飛越

馬場馬術

総合馬術

第9回オリンピック競技大会
(1928/アムステルダム)
吉田 重友
個人/失権
岡田 小七
個人/20位
遊佐 幸平
個人/28位
城戸 俊三
個人/21位
第10回オリンピック競技大会
(1932/ロサンゼルス)
西 竹一
個人/金メダル
今村 安
個人/失権
吉田 重友
出場せず
山本 盛重
個人/7位
奈良 太郎
個人/失権
城戸 俊三
個人/失権
第11回オリンピック競技大会
(1936/ベルリン)
稲波 弘次、岩橋 学、西 竹一
団体/6位入賞
岩橋 学
個人/14位
西 竹一
個人/20位
稲波 弘次
個人/35位
大瀧 清太郎
出場せず
松井 麻之助
個人/失権
第15回オリンピック競技大会
(1952/ヘルシンキ)
喜多井 利明
個人/45位
第16回オリンピック競技大会
(1956/メルボルン)
川口 宏一
個人/26位
太田 邦宏
個人/30位
第17回オリンピック競技大会
(1960/ローマ)
荒木 雄豪、太田 邦宏、影山 祐三
団体/15位
太田 邦宏
個人/29位
影山 祐三
個人/失権
第18回オリンピック競技大会
(1964/東京)
影山 祐三、佐々 信三、法華津 寛
団体/12位
佐々 信三
個人/38位
法華津 寛
個人/40位
影山 祐三
個人/失権
佐藤 伝一
出場せず
岡部 長衡、松平 頼典、井上 喜久子
団体/6位入賞
井上 喜久子
個人/16位
岡部 長衡
個人/19位
松平 頼典
個人/21位
千葉 幹夫
個人/34位
松平 正樹
個人/失権
前田 陸利
個人/失権
勝本 正則
個人/失権
第19回オリンピック競技大会
(1968/メキシコシティー)
荒木 雄豪、杉谷 昌保、福島 正
団体/14位
福島 正
個人/26位
杉谷 昌保
個人/26位
荒木 雄豪
個人/失権
千葉 幹夫
個人/失権
第20回オリンピック競技大会
(1972/ミュンヘン)
杉谷 昌保、竹田 恆和、福島 正
団体/16位
竹田 恆和
個人/42位
福島 正
個人/43位
杉谷 昌保
個人/43位
高宮 輝千代
個人/出場せず
井上 喜久子
個人/32位
第21回オリンピック競技大会
(1976/モントリオール)
小畑 隆一、杉谷 昌保、竹田 恆和、東良 弘一
団体/13位
東良 弘一
個人/30位
竹田 恆和
個人/39位
小畑 隆一
個人/42位
石黒 建吉、植田 元、衛藤 賢二
団体/失権
衛藤 賢二
個人/失権
植田 元
個人/失権
石黒 建吉
個人/失権
第22回オリンピック競技大会(1980/モスクワ)
日本不参加
平沢 敏美
豊田 一夫
竹田 恆和
高宮 輝千代
杉谷 昌保
小畑 隆一
内藤 左智子斎藤 庫之丞
植田 元
中俣 修
第23回オリンピック競技大会(1984/ロサンゼルス)小畑 隆一、陶器 修一、戸村 崇、中野 善弘
団体/11位
陶器 修一
個人/14位予選敗退
中野 善弘
個人/34位
戸村 崇
個人/46位予選敗退
東良 弘一
個人/馬体検査失格
中俣 修
個人/39位
廣松 伸忠
個人/43位
牧野 孝喜
個人/馬体検査失格
第24回オリンピック競技大会(1988/ソウル)奥野 竜三、澤井 孝夫、陶器 修一、中野 善弘
団体/失権
中野 善弘
個人/42位
陶器 修一
個人/51位
奥野 竜三
個人/65位
澤井 孝夫
個人/67位
井上 喜久子
個人/46位
桜井 尚子
個人/52位
法華津 寛
個人/出場せず
宮崎 栄喜
個人/26位
岩谷 一裕
個人/36位
渡辺 弘
個人/失権
若原 尚
個人/失権
第25回オリンピック競技大会(1992/バルセロナ)奥野 竜三、富澤 宏介、戸村 崇、東良 弘一
団体/13位
東良 弘一
個人/33位
戸村 崇
個人/38位
奥野 竜三
個人/39位
富澤 宏介
個人/49位
桜井 義長
個人/41位
岩谷 一裕、後藤 浩二朗、木幡 良彦、宮崎 栄喜
団体/7位入賞
木幡 良彦
個人/25位
宮崎 栄喜
個人/26位
後藤 浩二朗
個人/36位
岩谷 一裕
個人/37位
第26回オリンピック競技大会(1996/アトランタ)白井 岳、杉谷 泰造、中野 善弘、森本 健史
団体/15位
白井 岳
個人/38位
杉谷 泰造
個人/64位
森本 健史
個人/予選敗退
中野 善弘
個人/予選敗退
岩谷 一裕、木幡 良彦、土屋 毅明、布施 勝
団体/6位入賞
細野 茂之
個人/失権
木幡 良彦
個人/失権
第27回オリンピック競技大会(2000/シドニー)林 忠義、広田 龍馬、白井 岳、杉谷 泰造
団体/11位
杉谷 泰造
個人/25位
白井 岳
個人/37位
林 忠義
個人/44位
広田 龍馬
個人/66位
布施 勝、加藤 大助、細野 茂之、土屋 毅明
団体/耐久において馬の故障のためリタイア
加藤 大助
個人/馬の故障のためリタイア
第28回オリンピック競技大会(2004/アテネ)小畑 隆一、林 忠義、渡辺 祐香、杉谷 泰造
団体/第1ラウンド敗退
杉谷 泰造
個人/16位
渡辺 祐香
個人/39位
林 忠義
個人/予選敗退
小畑 隆一
個人/予選敗退
第29回オリンピック競技大会(2008/北京)杉谷 泰造
個人/29位
佐藤 英賢
個人/51位
法華津 寛、八木 三枝子、北井 裕子
団体/10位
法華津 寛
個人/35位
八木 三枝子
個人/42位
北井 裕子
個人/45位
大岩 義明
個人/49位
第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)杉谷 泰造
個人/33位
武田 麗子
個人/1次予選敗退
法華津 寛
個人/1次予選敗退
大岩 義明、佐藤 賢希、根岸 淳、弓良 隆行、田中 利幸
団体/12位
根岸 淳
個人/39位
田中 利幸
個人/48位
弓良 隆行
個人/予選敗退
大岩 義明
個人/予選敗退
佐藤 賢希
個人/予選敗退
第31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)桝井 俊樹、福島 大輔、武田 麗子、杉谷 泰造
団体/13位
武田 麗子
個人/44位
桝井 俊樹
個人/64位
杉谷 泰造
個人/64位
福島 大輔
個人/68位
黒木 茜、原田 喜市、高橋 正直、北井 裕子
団体/11位
原田 喜市
個人/45位
北井 裕子
個人/48位
黒木 茜
個人/50位
高橋 正直
個人/58位
大岩 義明
個人/20位
北島 隆三
個人/棄権

まとめ

いかがでしょうか。

過去のオリンピック馬術競技における日本人選手の成績を中心にまとめてみました。
今から約90年前に金メダルを獲得していた競技だったんですよね。

2020年の東京オリンピックでは久しぶりの表彰台を観たいものですね。

この記事が皆様の何かの役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。