家族

【子供の心配で疲れる】心配をやめれば子供がキラキラと輝き始めます

こんにちは。

・子供のことが心配で仕方がないという方

・子供のことを心配するのに疲れた方

に、今日は、子供の心配をやめると子供がキラキラ輝き始めるよ

ということをお話したいと思います。

子供の心配で疲れていませんか

親ならだれでも、子供のことは心配ですよね。

私も心配で心配で、たまらなかったです。

・勉強させないと将来困るのでは

・運動して身体を作らないと将来困るのでは

・常識やマナーを教えないと社会に出たときに困るのでは

と色々と心配事は尽きることはありませんでした。

毎日のように子供にあれこれ言う日々。

反抗期の子供はだんだん言うことを聞かなくなり、口もきかなくなっていきました。

「こんな家庭にするのが理想だったのかな?」

「いや、子供のためなんだから頑張って言わなければ!」

と、疑問を持ちながら日々を過ごし、子供の心配で疲れ切っていました。

子供の心配をやめた話(ある本との出会い)

子供の心配で疲れ切っていた、そんな時に、斎藤一人さんの本に出合いました。

「斎藤一人 絶対、なんとかなる」という本です。

この本の中で、一人さんは、子供にこんなメッセージを伝えてください、と言われています

生きているといろんなことがあるけれど、なにが起きても、絶対なんとかなるからね。心配しなくて大丈夫だよ

そして、

人生はなんとかなるから、好きなことをやりな。と親御さんがそういってあげると、子供はキラキラ輝き始めるんです。

と言っています。

この言葉で目からうろこが取れたような気がしました。

自分のしていた心配はなんだったんだろう。

子供が何をやっていても良いじゃないか、きっと何とかなると思えた瞬間から、心配することをやめました。

子供に好きなことをさせる

取り上げていたゲームも子供に返し、好きなことをやらせてみました。

心配しなくても、ゲームだけずっとやっているわけではなく、他のことへ興味をもったりもするんですよね。

そして、なにより、斎藤一人さんの言っていたように、子供たちの表情がキラキラと輝きだしたんです。

これは本当に実感したことです。

死んだ魚の目のようだった子供たちが、輝きだしました。

家族のコミュニケーションも増えて、とても明るい家庭になったと思います。

まとめ

いかがでしょうか。

以前の考えのクセが残っているため、たまに心配症な自分に戻ったりしますが、その時はまた「なんとかなる」と言って考えを戻すようにしています。

きっと子供たちは上手くいく。そう信じています。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。