家庭菜園

獲れすぎたきゅうりの大量消費 きゅうりのキューちゃんの漬物

家庭菜園で、きゅうりの収穫のピークを迎えると、大量に収穫できるため、サラダなどで消費するだけでは追い付かないことがあると思います。

そんな、きゅうりを大量消費したいときに役立つきゅうりのキューちゃんの漬物のレシピをお伝えしたいと思います。

用意するもの

s_IMG_20190623_135625

A.材料

きゅうり1.5kg(サイズは大きくなりすぎたかな?ぐらいの方がいいですよ)

生姜50g

たかのつめ2~3本

B.煮汁

醤油500cc

みりん200cc

酢200cc

砂糖150g

作り方

①きゅうりは5mmの輪切り、生姜は千切り、たかのつめは種をとり輪切りにする。

②Bを鍋に入れ火をかけ沸騰させる

③火を止めた②へ①で準備したAを一気に投下。上下を入れ替えながら3分ほどつける。

④もう一つ鍋を用意して、その上にざるをセット。ざるにきゅうりを上げて、煮汁ときゅうりを分ける。きゅうりは常温まで冷ます。

⑤きゅうりが冷めたら、先ほどの煮汁を再び沸騰させます。その際、きゅうりから出た水分を飛ばします。その後、③にもどるを5回繰り返します。

⑥冷蔵庫に保存します。

5回繰り返す間の変化を写真で参考までお見せしますね。

最初の状態です。

s_IMG_20190623_141040

1回目終了後。

s_IMG_20190623_143049

2回目終了後。少しくたっとしてきました。色の変化もわかりますかね。

s_IMG_20190623_144833

3回目です。

s_IMG_20190623_150744

4回目。

s_IMG_20190623_153732

最後の5回目です。写真だとわかりにくいのですが、だいぶ醤油の色がついて、かなりくたくたになっています。

s_IMG_20190623_155018

補足

上記のレシピの分量ですと、少し甘めになります。こちらはお好みなので、甘くならない方が良い方は、砂糖を少な目にするなど、お好みにあわせてください。

一度に鍋に入らない場合は、煮汁の使いまわしはできます。3回目あたりで味を確かめて、必要に応じて調味料を追加すれば、味もキープできると思いますよ

まとめ

いかがでしょうか。きゅうりを大量消費するためのきゅーちゃんの漬物レシピでした。

これから旬を迎えるきゅうりたち。いろいろな食べ方でおいしく召し上がって下さいね。

この記事が皆様の何かのお役に立てば幸いです。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。