家庭菜園

夏に不足しがちな緑の野菜。自分で栽培したい、手間なし・害虫なし・失敗なしで多収穫な5つの葉物夏野菜

夏野菜と言えば、トマト、キュウリ、なすなど果菜類が代表ですよね。

一方で、緑の葉物野菜が不足する時期でもあります。
そんな夏場に摂取したいおススメの「みどりの葉物野菜」をご紹介します。

八百屋さんやスーパーなどで購入しても良いですが、是非栽培にチャレンジしてみると良いと思いますよ。

なんといっても、

・手間なし、失敗なし 植えたらほったらかしで手間がかからない

・害虫なし。虫が苦手な方も大丈夫。ほとんど虫がつきません

・多収穫。葉っぱをとってもとってもまた生えてきます

という、嬉しい野菜たちです。

露地でも、プランターでも育てられますので、是非育ててみてくださいね。

アシタバ(明日葉)

7b56f10096ebe819cb374379c6adde8f_s
日本原産のセリ科の多年草です。

今日、葉をとっても、明日には新しい葉が生えると言われるほど、成長が早い野菜です。伊豆諸島ではそこら辺に自生している植物だそうです。

カロチン・ビタミンB2、C、鉄、カリウム、カルシウムなどの栄養素を含んだ非常に栄養価の高い野菜です。最近の研究では、アンチエイジングの効果も認められたとか。今後、ますます注目の野菜ですね。

以下の記事で、明日葉の効果・効能、食べ方などを詳しく紹介しています。良かったらどうぞ。

ツルムラサキ

b187b89d74f3f83892bf1791c2da7dc1_s

ツルムラサキはホウレン草などと並ぶ緑黄色野菜です。

中国南部から東南アジアにかけて広く栽培されている野菜で、ツルムラサキといっても紫色のものはではなく、茎が緑色のタイプが市場では主流のようです(紫だと売れないのですかね?)

葉と茎が食べられます。葉は少し厚みがあります。また独特のぬめりもあります。

個人的にはほうれん草のような味に感じますが、おひたしや炒め物何でし使える、万能なやさいてす。

【夏の葉物野菜】つるむらさきの育て方・栽培方法、収穫法などを解説つるむらさきの育て方や栽培や収穫方法について知りたいですか?この記事では、つるむらさきの育て方や栽培や収穫方法について詳しく解説しています。実際に育ててみると、手間がほとんどかからず、多収穫、長く収穫できるので、1株植えておくと夏場に重宝する野菜です。是非ご一読ください。...

おかわかめ

e835c717d30de90a33a2b30eb2139d5d_s

おかわかめは、その豊富な栄養素で注目されている野菜のようです。

ツルムラサキの仲間なので、ツルムラサキを一回り小さくしたような感じで、葉っぱは少し厚みがあります。その名のとおり、茹でて食べると、わかめのような食感と少しの粘りがあります

夏場に旺盛にそだちますし、家庭栽培も容易です。多年草なので一度植えたら翌年以降も楽しめるのが良いですね。

おかわかめの栽培・収穫方法については、以下の記事で紹介していますので、興味のある方はどうぞ。

【増やし方も簡単】オカワカメの育て方・栽培方法、収穫法などを解説オカワカメの育て方や栽培や収穫方法について知りたいですか?この記事では、オカワカメの育て方や栽培や収穫方法について詳しく解説しています。実際に育ててみると、手間がほとんどかからず、多収穫、長く収穫できるので、1株植えておくと夏場に重宝する野菜です。是非ご一読ください。...

くうしんさい(空心菜)

くうしんさいは、茎の中が空洞になっている事から付けられた名前のようですが、中華料理などでお馴染みですよね。クウシンサイ(空心菜)は東南アジアが原産とされ、暑さには強い野菜です。2株も植えておけば夏の間たっぷりと楽しめますよ。

モロヘイヤ

65db24d2d511ea8af7f5b39206bfedf2_s

古代エジプトの王様が不治の病で苦しんでいたときに、モロヘイヤのスープで治ったという伝説があり、エジプトでは“野菜の王様”と言われているとのこと。
若葉の部分を摘んで食べます。種には猛毒があるので、決して食べないようにしましょう。茹でたり、炒めたり、スープに入れたりと様々なアレンジで楽しむことができます。刻むとオクラのような独特の粘りがでます。オクラ、納豆と一緒にねばねばを楽しんでも良いかもしれないですね。

まとめ

いかがでしょうか。
夏に不足しがちな葉物野菜で、手間なし、虫無し、失敗なし、で多収穫な野菜をご紹介しました。
各野菜の栽培については別の記事でお伝えしていきたいと思います。

この記事が皆様の何かの役に立てば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。