禁酒

1か月の禁酒後、健康診断を受けた結果は?

こんにちは。久しぶりの禁酒関連の記事です。

10月末頃に受けた健康診断の結果が返ってきました。

以前、健康診断に前数日だけ禁酒したことがありましたが、ほとんど効果なしでした。

1か月禁酒した今回はどうだったか、お伝えしたいと思います。

γ-GTPは健康診断前の「にわか」禁酒では効果がない?

健康診断の結果の前に、健康診断前に「にわか」禁酒をしていた過去の私に見せたい記事を見つけましたので紹介します。

https://bizgate.nikkei.co.jp/article/DGXMZO2842943022032018000000

以下、上記記事(リンク)の抜粋です。

血液中の物質が半分の濃度に減るまでの時間を「半減期」と呼びます。例えば半減期が1週間であれば、100という数値が50まで減るのに1週間かかり、さらに25まで減るにはもう1週間かかります。

毎日飲む習慣のある人が、Gさんのように1週間も我慢するのは並大抵のことではありません。お酒が好きな方は、同感ではないでしょうか。しかし、健診の直前に我慢するだけでは、検査結果が良くなることはほとんど無いのです。

例えば、肝機能検査と呼ばれる血液検査の3つ、GOT(新しい呼び方はAST)、GPT(同ALT)、γーGTPの半減期は2~3週間だと考えられています。ですから、例えばγーGTPが毎年200ある人が100未満まで下げたいと思ったら、3週間以上もお酒を断たなければいけません。3日や5日ぐらい我慢したところで、検査値は微動だにしないでしょう。

この記事を読むと、γ-GTPの数値は、2~3週間経たないと減らないようです。

いままでのにわか禁酒はまったく無駄だったことがわかります。

禁酒1か月後の健康診断結果

IMG_20191115_220259 (1)

さて、今回の健康診断の結果がどうだったのか。

肝機能検査と言われる血液検査の3項目の前回の結果と今回の結果を比較してみました。

検査項目

基準範囲

前回

今回

γ-GTP

12~50U/L

100U/L

45U/L

AST(GOT)

10~30U/L

23U/L

18U/L

ALT(GPT)

6~30U/L

21U/L

21U/L

私の場合、γ-GTPがずっと高くて検査のたびに基準値を超えていました。

大体、100前後で因みに前々回が104でした。

過去15年ぐらいその状況が続いていましたが、ついに基準値に収まりました!!!

めちゃくちゃ嬉しいですね。

ご紹介した記事でも効果がが出るのは2~3週間となっていましたが、そのとおりの結果が出たということです。

いずれにしても、すべての数値が正常になりました。

感想

今回、基準値以内に収まることは想定していましたが、実際に数値が下がっていることを確認してほっとしました。

その後も、禁酒は続けていまして、1か月半を経過していますが、もはや全く飲みたいという気持ちにはなりません。

体調も良いですし、ダイエットも進んでいますし、睡眠の質も良いです。

今回、健康診断結果も改善しましたし、禁酒すると良いことしかありませんね。

ダイエットや体調面、睡眠の質などについては以下の記事にも詳しく書いていますので、良かったらどうぞ。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。