禁酒

【禁酒日記:15日目】飲酒のメリットから禁酒のデメリットについて考える

こんにちは。

今日で、禁酒15日目です。

本日は、飲酒のメリットから禁酒のデメリットについて考えたいと思います。

飲酒のメリット

ritual-3335526_640

昔から「酒は百薬の長」という言葉があるように、

適度な飲酒は、様々なメリットをもたらす

という考えがあると思います。

飲酒については様々なメリットが言われますが、一般的なものとして、

サントリーのホームページで、ほどよい飲酒のメリットとして

挙げていることを取り上げてみました。

食欲増進

お酒を飲むと胃液の分泌がさかんになり、消化を助けるため、食欲が増します。

ビールには、ホップの苦味成分や炭酸ガス胃の壁を刺激することで食欲増進効果があると言われています。ビールを飲んだ後の食事の摂取カロリー量が増加したという論文もいくつか報告されているそうです。

ビールの食欲増進効果は、私も感じたことがあります。

炭酸でお腹がいっぱいになると言う方もいますが、私は食事も進むほうでしたので、
食欲増進効果はあるということだと思います。

ストレスの緩和

ほろ酔い程度の飲酒は、精神的な緊張をほぐして、ストレスの軽減につながります。

確かに、仕事を終えて帰宅したときに、お酒を飲むと、張りつめていた緊張が和らいで、
一気にリラックスすることができたように思います。
仕事で嫌なことがあっても、飲んでいる瞬間は忘れられました。

ですので、ストレス緩和の効果もあると言えると思います。

血行促進

アルコールには血行をよくする働きがあります。

アルコールは血管を拡張させて血行をよくするほか、利尿効果もあります。
適量であれば体にたまった老廃物を排出でき、疲労回復にも効果があるといわれています。

お酒を飲むとポカポカしてきて、血行が良くなっていると感じることがありますので、これも正しいと感じます。

人間関係を円滑にする

おいしい食事とお酒は、人との円滑なコミュニケーションに役立ちます。冠婚葬祭、歓迎会、送別会などの特別な場面でお酒はかかせないものです。

いわゆる「飲み二ケーション」というやつですね。

この言葉がいつから使われているのか知りませんが、仕事や友達関係など、
飲み会の場でのコミュニケーションにお酒は付き物です。

飲んでリラックスをしていれば、お互いのコミュニケーションが円滑になるという点については賛成できますね。

飲酒のメリットを飲酒のデメリットとして考える

bitcoin-2574759_640

さて、飲酒の代表的なメリットを考えてきました。

飲酒のメリットは、禁酒をすると得られなくなるので、デメリットと考えられますよね。

すると、

飲酒のメリット=禁酒のデメリット

となるのでしょうか。

この公式が成り立つのか、一つ一つ考えていきたいと思います。

食欲増進

飲酒のメリットの1つ目、食欲増進についてです。

普段、食が細くて、「もっと食べなければ」と思っている方にとっては、
飲酒によって食欲増進効果がもたらされれば、メリットがあることになりますよね。

私の場合、実際にビールを飲むと食欲増進効果があったというのは、既に述べた通りですが、

個人的には、食欲増進効果によって、むしろ食べ過ぎてしまうんですよね。

ですので、飲酒による食欲増進効果は、

私にとっての禁酒のデメリットとはなりません

ストレスの緩和

メリットの二つ目は、ストレスの緩和です。

ストレスの緩和は飲酒する理由として最も多い理由の一つだと思います。

私も、

【禁酒日記:13日目】禁酒・断酒を続けるコツがわかってきた。おススメの禁酒方法を紹介します

という記事の中で、飲酒をしてしまう理由を考えています。

私も、やはりストレスを理由に飲んでいましたが、

酔いが醒めればまた元通りになってしまう(ストレスの根源が解決されていない)ため

ストレスの緩和は一時的でしかありません。

ですので、このメリットも、禁酒のデメリットにはなりません

血行促進

メリットの3つ目は、血行促進です。

既に記載しましたとおり、お酒を飲んで、身体が温まる、血行が良くなるというのを感じることはあります。

でも、同じような感覚は、ストレッチや運動をしたときにも得られますよね。

酔って気持ちが良くなるのを除けば、運動して身体がポカポカになるのと何ら変わりがありません。

依存度の危険性が高いアルコールを使ってまで血行促進を進める必要はないと思います。

ですから、このメリットも禁酒のデメリットにはなりません。

アルコールの依存性、危険性については、以下の記事にまとめてますので合わせてどうぞ。

【禁酒日記:11日目】アルコールの危険性は非合法薬物(ドラッグ)よりも高くてやばいことを知っておこうこんにちは。 今日で、禁酒11日目です。 今日は、アルコールの危険性について、考えてみたいと思います。 飲酒・アルコー...

人間関係を円滑にする

最後のメリットは、人間関係を円滑にするですね。

職場では、大事にされる「飲みニケーション」。

実際、飲みに行って、その人の違った一面を見ることで、関係が良くなるといったことはあると思います。

ですので、飲み会そのものは人間関係を円滑にする効果があると思います。

では、そこにアルコールが必要なのでしょうか

たまに、職場のプレ送別会、歓迎会のようなもので、ランチに出かけたりもします。

実はそういった場でも、仕事から離れた話をすることで、同僚の人柄やプライベートな話を聞くことができ、仕事以外のコミュニ―ケションを取ることができますよね。

そこにはアルコールはありません

また、職場の飲み会でもお酒が弱くて飲めない人は、
楽しんでいないでしょうか、コミュニケーションがとれていないでしょうか。

お酒が飲めなくても飲み会の場で、誰よりもハイテンションに盛り上がっている人を何人も見てきました。

つまり、アルコールが無くても、飲み会は十分に楽しめるし、
みんなも盛り上がれる、コミュニケーションも取れるということだと思います。

ですから、これも禁酒のデメリットにはならないと思います

[amazon asin=”4901030043″ kw=”「飲まない幸せ」を手にする方法 (アルコール依存症・回復ノート)”]

結論

飲酒のメリットから禁酒のデメリットを考えてきました。

一般的に飲酒のメリットと言われていることが、禁酒することで、

メリットを得られなくなる=デメリットになる、ということはない

ことが分かっていただけたと思います。

是非、自信を持って禁酒を続けていただきたいと思います。

一緒に頑張りましょう。

禁酒のメリットは以下の記事にもまとめています。良かったらどうぞ。

最後は恒例の結果発表と、目標達成状況の報告です。

禁酒15日目の結果

今日はもちろん、

結果は「〇」です。

夕食など

今日の夕食はハンバーグとサラダです。

今日のドリンクは、炭酸水にレモンを入れたノンアルコールレモンサワーです。

私のおススメNo.1のノンアルコールビールを以下の記事で紹介しています。禁酒を成功させたい方必見です! 

【禁酒日記:17日目】おススメのノンアルコールビール。NO.1は間違いなくこれだ!

他にも、禁酒中におすすめのドリンクは以下記事で紹介しています。合わせてどうぞ。

【禁酒日記:8日目】禁酒・断酒中にお酒の代わりになるおすすめの飲み物ランキング昨日、禁酒1週間を達成し、本日からは2週間目に突入です。 8日目ですね。 とりあえず、1週間禁酒を続けてきたわけですが、 ...

短期的な目標の達成状況

本日までの目標の達成状況です。達成したものを取り消し線で消しています。
今日はなにもありません。

引き続き頑張ります!!

・初日は飲まない
・2日続ける
・3日続ける
・5日続ける
・1週間続ける
・2週間続ける
・3週間続ける
・人間ドックまで飲まない
・但し、子供の誕生日だけは祝い酒を飲む
・ブログでうその報告は絶対しない(飲んでしまったら飲んだと書く)

体重と体脂肪率、血圧の測定

体重と体脂肪率、血圧などを測定し、どのように推移していくかを記録していきたいと思います。

体重63.8kg
体脂肪率17.9%
最高血圧129
最低血圧84
脈拍60

禁酒15日目の変化

15日目ともなると大きな変化を感じられなくなってきました。

お酒を飲まない事が普通になってきているということでしょうか。

引き続き頑張りたいと思います。

ABOUT ME
あけるなる
自然・動物・宇宙が好きです。あることをきっかけに人生観が大きく変わりました。仕事人間だった私が、今は、仕事はそこそこに人生を楽しんでいきたいと思っています。このブログでは、自分が知らなかったことや体験したことを中心に好きなことを発信していきたいと思います。 ニックネームは、エリダヌス座の1等星の名前が由来です。日本ではあまり見ることができない星です。 アラビア語で「河の果て」という意味のようですが、人生の目標の果てにたどりつきたいという願望と、「明ける・成る」という当て字もイメージして、新たな人生が明るく、楽しいものになってほしいとの気持ちを込めました。